Version 0.23.0

gRPC API

バージョン0.18.0以降、Falcoには一連のgRPC APIを提供する自身のgRPCサーバーがあります。

現在のAPIは次のとおりです:

  • schema definition: Falco出力イベントをサブスクライブします。
  • schema definition: Falcoバージョンを取得します。現在のバージョンは0.23.0です。

これらのAPIと対話するために、falcosecurity組織はGoおよびPythonクライアントを提供しています。

設定

Falco gRPCサーバーとFalco gRPC出力APIは、デフォルトでは有効になっていません。

それらを有効にするには、falco.yaml Falco設定ファイルを編集します。Falco設定ファイルのサンプルを以下に示します:

# gRPC server configuration.
# The gRPC server is secure by default (mutual TLS) so you need to generate certificates and update their paths here.
# By default the gRPC server is off.
# You can configure the address to bind and expose it.
# By modifying the threadiness configuration you can fine-tune the number of threads (and context) it will use.

grpc:
  enabled: true
  bind_address: "0.0.0.0:5060"
  threadiness: 8
  private_key: "/tmp/server.key"
  cert_chain: "/tmp/server.crt"
  root_certs: "/tmp/ca.crt"

# gRPC output service.
# By default it is off.
# By enabling this all the output events will be kept in memory until you read them with a gRPC client.
grpc_output:
  enabled: true

証明書

Falco gRPCサーバーは、設計上、相互TLSでのみ機能します。したがって、上記の構成では、証明書を生成してパスを更新する必要があります。

Falcoの作成者は、証明書の生成を間もなく自動化する予定です。

それまでの間、次のスクリプトを使用して証明書を生成します。

:設定に従って、必ず -passin, -passout、および -subjフラグを設定してください。

有効なCAを生成する

次のコマンドを実行します:

$ openssl genrsa -passout pass:1234 -des3 -out ca.key 4096
$ openssl req -passin pass:1234 -new -x509 -days 365 -key ca.key -out ca.crt -subj  "/C=SP/ST=Italy/L=Ornavasso/O=Test/OU=Test/CN=Root CA"

有効なサーバーkey/証明書を生成する

次のコマンドを実行します:

$ openssl genrsa -passout pass:1234 -des3 -out server.key 4096
$ openssl req -passin pass:1234 -new -key server.key -out server.csr -subj  "/C=SP/ST=Italy/L=Ornavasso/O=Test/OU=Server/CN=localhost"
$ openssl x509 -req -passin pass:1234 -days 365 -in server.csr -CA ca.crt -CAkey ca.key -set_serial 01 -out server.crt

サーバーkeyからパスフレーズを削除する

次のコマンドを実行します:

$ openssl rsa -passin pass:1234 -in server.key -out server.key

有効なクライアントkey/証明書を生成する

次のコマンドを実行します:

$ openssl genrsa -passout pass:1234 -des3 -out client.key 4096
$ openssl req -passin pass:1234 -new -key client.key -out client.csr -subj  "/C=SP/ST=Italy/L=Ornavasso/O=Test/OU=Client/CN=localhost"
$ openssl x509 -passin pass:1234 -req -days 365 -in client.csr -CA ca.crt -CAkey ca.key -set_serial 01 -out client.crt

クライアントkeyからパスフレーズを削除

Run the following command:

$ openssl rsa -passin pass:1234 -in client.key -out client.key

使用法

設定が完了すると、FalcoはgRPCサーバーとその出力APIを公開する準備が整います。

これを行うには、シンプルににFalcoを実行します。 例えば:

$ falco -c falco.yaml -r rules/falco_rules.yaml -r rules/falco_rules.local.yaml -r rules/k8s_audit_rules.yaml

Outputイベントを受信して使用する方法については、Go clientまたは[Python clientのドキュメントを参照してください。